[TROENTORP]トロエントープのサボを購入したのでサイズ感、履き心地を徹底レビューする!

スポンサーリンク

こんにちはカズオ@cazuo_happyです。

今人気上昇中のトロエントープを購入したのでレビューします。

見てのとおり個性的な靴なので買うか悩んでいる人の参考になると思います!

いやぁー、新しい靴ってテンションあがるね!

そもそもトロエントープ(Troentorp)ってなに?

1907年、スウェーデンに創業。
トロエントープ(Troentorp)はスウェーデンのシューズブランド。木製のサボ(Sabot)[クロッグ(Clog)]というシューズで有名。100年以上の歴史を持ち、高いクラフトマンシップを誇る。サンダルのように履ける特性上、ナースやレストランで働く人々が顧客に多い。
1907年、オーガスト・ヨハンソン(August Johansson)によってバスタード地方に小さな靴工場が建てられ、木靴の製作をスタート。靴が木で作られた理由は、当時安く手に入った素材であり、かつバスタード地方の厳しい天候下に耐えられたため。
1942年、オーガストの息子ビョリィエ(Börje)がファクトリーを引き継ぐ。
1957年、新しいウェッジヒールを採用。今日までオリジナルボトムの基礎となる。

引用:fashion press

北欧のスウェーデンの靴ブランドですね。

日本ではスウェーデンのシューズブランドってあまり見かけないので珍しく感じますね。

木靴って日本人にはあまり馴染みがないのでファンタジーな感じがしない?

有名セレクトショップのネペンテスでも取り扱いされているブランドでパッと見レディースっぽいですが男女兼用です。

ちなみに俳優の坂口健太郎も愛用してるとのこと。

トロエントープ(Troentorp)のサボサンダルを購入した

購入したのはこちらのモデル

かかとのないサボ(木靴って意味)のオールブラックモデルですね。

モデル名はmonetで、色はブラック、サイズは40。

実店舗が売り切れだったのでネット通販で買いました。

開封の儀・ファーストインプレッション

こんな感じのダンボール箱に入ってます。くっついている紙をはがしたので箱がボロボロになってますね。箱を開けるとスウェーデン美女(多分)の美脚モデルの冊子が入っていました。女子が履くトロエントープもかわいいね。冊子は英語での商品の説明とモデルの各モデルの紹介ですね。デザインめっちゃ豊富。画家の名前がモデル名になってるんですね。この箱はいろんな用途に使えるぜ的なことが書かれています。

これがトロエントープのmonetのブラックだ

Troentorp of swedenとロゴがヒールの部分に貼り付けてある

結構ね、木って感じなんですよ(語彙力やばい)

裏面はこんな感じ

実物をみて良かったところ

本当は店舗で試着して買いたかったのですがほしいモデルが売り切れで試着できませんでした。

なので2万以上もする靴なのにネットの意見を頼りに通販で買いました。

いやー無謀というか勇気あるよねw

でもリサーチ力は正しくジャストサイズで買うことができたので結果オーライです。

実物を見て良かったところをあげていきます。

思ったよりも軽い

質量の高そうなルックスから重たそうに見えるんですが見た目以上に軽いです。

調べてみると重さは320グラム(サイズ40ではないけど)くらいとのこと。

一般的なスニーカーでも250グラム〜重くて500グラムなのでかなり軽いことがわかります。

ブーツになると500グラム~重いもので1000グラムとかになるのでスニーカーレベルの軽さだということですね。

サイズにもよりますがVANSのスリッポンが約370グラムとのことなのでそう考えるとトロエントープは靴としてはかなり軽い方ですね!

木の部分も軽いんでしょうしポリウレタンソールも軽いんでしょうね。

いい意味で気軽に履ける”つっかけ”みたいな感じです。

革が美しい、デザインが秀逸

汚いすね毛で失礼します。

新品の状態だから当然ですが牛革のスムーズレザーが美しいですね。

どのように経年変化していくか気になるところです。革靴みたいなものなのでお手入れとかはした方が良さそうですね。

身長がめっちゃ盛れる

ヒールの高さを測ってみた

床からのヒールの高さは5.8センチもあります。

ってことはですよ、170センチの人が履いたら175.8センチ。175センチの人が履いたら180.8センチですよ?

女性はヒールで身長盛れるけど男は盛れないよね。

でもトロエントープなら男でも身長が盛れるので身長コンプに悩む男にはおすすめ。

買う前に不安だった点

これまでヒールのある靴なんて履いたことがありませんでした。

なので心配な点が多かったんですが買ってみたら問題なく使えることがわかりました。

意外と普通のサンダルとして意識せずに履けます。

不安1.ぶっちゃけ運転できるのか?

これ気になってました。

こんなヒールのあるサンダル履いて車の運転ができるのか?

今までスニーカー、サンダル、革靴で運転したことはあるけどヒールのある靴で運転したことはありません。

なので初めてトロエントープを履いて運転するときは「運転してみて難しそうなら他のサンダルを運転用に使おう」と思ってました。

でも実際はまったく問題なく運転できました。

もうね、ホントなんの心配もいらないっす。運転は普通にできるよマジで。

不安2.歩きにくいのではないか?

これね。

どう見ても歩きにくそうじゃないですか?

女性なら慣れているかもしれないけど男でヒールですよ?

これに関しての結論は思ったよりもかなり歩きやすいです。

歩き始めて最初の3分は足元を意識しましたがその後は足元を意識することなく普通に歩いてました。

サイズ選びが正しかったのでフィット感があるんですよ。スポッて綺麗に足がトロエントープにおさまってる感覚というんでしょうか?歩いていてかかとがあまり浮かないし靴と足との一体感がある感覚です。

トロエントープのサイズ選びのポイント

トロエントープを購入する際に気をつけなければいけないのがサイズ選びです。

スニーカーならハーフサイズやワンサイズアップしても問題ないじゃないですか?

デカ履きって文化があるくらいだしレザーが馴染むし紐でぎゅっとしばれば問題なく履けますよね。

でもトロエントープの場合はサイズは必ずジャストで買わないとダメです。ジャストサイズで買わないと絶対に後悔します。

実際に他のサイズを試着してみた

メンズのトロエントープのサイズってこんな感じになってます。

38(約24cm~24.5cm)
39(約25cm~25.5cm)
40(約26cm~26.5cm)
41(約27cm~27.5cm)

ボクのジャストサイズは40なんですが店舗で39、40、41の3サイズを試着した時の感想を書いときます。

39(約25~25.5cm)を試着した感想
  • 小さい
  • かかとの位置が合わない、
  • きつい
  • 歩けない
  • スポっと足が入らない

って感じで絶対にこのサイズじゃない感ハンパない。もらえたら速攻でメルカリに出すレベルのサイズ感。

40(約26~26.5cm)を試着した感想

試着した時はチャンピオンのフルレングスソックスを履いてたのですが

このソックスは黒白グレー共に愛用してるのでおすすめですがスポーツソックスなので結構分厚い。

なので試着したときはちょっとかかとが出る感じというか40でも小さいんじゃね?って思ったんですよ。

結果的に素足でジャストでした。

購入したサイズ40を素足で履いた感じ

でもやっぱりソックスありで試着したときに小さく感じたので41をを試着しました。

41(約27cm~27.5cm)を試着した感想

でかい。もうねガバガバでうまく歩けない感じ。

ちょっと店内を歩いたのですがぜんぜんうまく歩けない。

店員に聞くと「ボクも他のスタッフもトロエントープのサボ持ってるんですけどお客さんでいうと40のサイズですね〜。」「今は革がかたいから小さく感じるかもしれないけど革はなじんでくるので靴と足が密着してジャストくらいがいいと思いますね。」

とのこと。

結論:サイズ感は密着してジャストサイズがおすすめ

結果的にビルケンシュトックのボストンと同じサイズだった。

密着してジャストがおすすめですが革は馴染むし伸びるので最初は少し小さく感じるくらいで大丈夫です。

しばらく履いてみてわかったのですがやはりサイズ40で問題なかったです。

あと皆に当てはまるわけではないと思いますがボクの場合は愛用中のビルケンシュトックのボストンも40なので結果的に同じサイズでよかったのだと思いました。

10年選手のビルケンシュトックのボストンもサイズ40、幅は普通

adidasのスーパースター、スタンスミスで26.5でジャストなのでサイズ選びに悩んでる人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

追記:3日くらいで革が馴染んで厚いソックス履いてもなんの問題もない状態になった。

チャンピオンのフルレングスソックスとトロエントープ

やっぱり試着時は革が硬かっただけで素足だろうソックスだろうとが問題なく履けるってことがわかりましたね。

トロエントープのサボの悪い点

ここであげる悪い点は買う前から予想できていたことなのでボクは気にしてないんですけどあげておきます。

素足で長距離を歩くと靴ズレしてしまう

汚い足でごめん

素足で履くと足の甲あたりの履き口の部分が少し痛くなってきます。うっすら赤くなっているとこね。

歩いた時間は合計で1時間くらいかな?

でも撮影したのが初めて履いた日なのでそりゃどんな靴でも靴ズレするよね。

ソックス履いていればぜんぜん痛くならないんですけどね。まぁ靴ズレなんて最初はしょうがないかな!こんなん最初だけでしょ!

履き心地は思ったよりも良いけどスニーカーには劣る

これも買う前からわかってたんですけどニューバランスのスニーカーとかと比べたら履き心地は劣ります。

当たり前ですけどねw

ヒールがあるので多少慣れは必要かなとも思いますしね。

ボクのなかではビルケンシュトックと同じくくりでおしゃれで気軽に履けるサンダルって感じ。履き心地もビルケンシュトックと同じレベルだと思います。

でも購入前のイメージよりもずっと履き心地がよかったので個人的には満足。

ビルケンシュトックと同じで100年以上の歴史を持つブランドなので品質は保証されてると思います。

おすすめモデル

今はモネしか持ってないんですが今後ほしいモデルも含めて個人的におすすめのモデルを紹介します。

トロエントープはビルケンシュトックと同じで10年選手になりそうなアイテムなので何足か買いたいなと思ってます!

これはねビルケンシュトックと同じでネクストスタンダードになりますよ。マジで。

では紹介していきます!

Monet(モネ)

まずはボクが購入したモデルのMonet(モネ)です。

リンク写真はブラックですがいろんな色や素材があります。

サンダルタイプで合わせやすいし、かかとがないので気軽に履けます。

居酒屋で靴を脱ぐ時にもスポっと脱げるのでかかとなしモデルは楽っすね。

VAN GOGH(ヴァンゴッホ)

モネにかかとをつけたようなデザインのヴァンゴッホ。ボクが次に買いたいのはこれかな。

まだ持ってないんですがかかとがあることでホールド感が良く歩行性も上がるとのこと。

何よりも冬にも履けるのがポイント高いですね。

Professional(プロフェショナル)

こんな記事書いてるのにこのモデルのことよくわかってません。

ヴァンゴッホとそっくりですが微妙にデザインが違いますね。

ヴァンゴッホを補強したようなデザイン。

なにが違うのか詳しい人教えてください。

PICASSO(ピカソ)

かかとありモデルの先端のスチールが入ったモデルのピカソ。

無骨な雰囲気が出したいならファッション的にはありですね。

ただ本体の重さはどうしても上がるでしょう。

何か重たいものがつま先に落ちてきても安心なモデル。

DURER(デューラー)

最初に買うのはモネみたいなシンプルなモデルだけど次にほしくなるのはアクセントになりそうなモデルだよね。

個人的にはこれのベージュをビルケンシュトックのボストンの代わりに買いたいなと思っている。

ネクストビルケンシュトックはこのへんかなと。

Wright(ライト)

甲の部分に編み込みのようなデザインがされたライト。

これは個人的にはブラック以外で取り入れたいデザインですね。

ちょっとデザインがはいったモデルはそれはそれで惹かれるよね。

次に買うのはWrightかDurerのベージュ系かなって思ってる。

最後に

このカタログを見てわかるようにモデルも多く、素材もヌバック、スウェード、スムースレザーなどいろいろあります。

木の部分の色が違うだけでも雰囲気変わりますしね。

ちょっとぐぐってみたらこんなモデルもあるんですよ。

こちらはwrightのベージュスウェードモデルです。

これならビルケンシュトックのボストンのノリで履けそうだし普通にほしいよね。

ボクもまた別のモデルを買い足す予定です。

これを読んでるあなたもぜひトロエントープ試してみませんか?

めっちゃおすすめですよ!

以上!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です